予備試験とか条例とか

公法が少し得意なおじさんが予備試験を目指すブログです

重点的に学習すべき憲法上の権利

現在最高裁判事の山本庸幸2013『実務立法演習』p.17には、立法の実務上「個人の尊重(第一三条)、法の下の平等(第一四条)、表現の自由(第二一条)、財産権の保障(第二九条)、適正手続(第三一条)などが検討の俎上に上がることが多い。もちろん、その法律の守備範囲いかんでは、(以下略)」という記述があります。ということで、

・13条について、幸福追求権や、プライバシーの権利、機微情報に対する自己情報コントロール

・14条について、条例を運用する際の平等原則、軽犯罪法上の罪などとの関係での罪刑均衡

・21条について、いろいろ(いろいろとは)『憲法の地図』とかを読めば図式的にまとまってるんじゃないでしょうか。。。

・29条について、これは『地方自治判例百選4版』p.48の27事件(北村和生)を読んで、あとは財産的価値のある利益処分の撤回を気をつければ大丈夫そう。

・31条について、刑罰法規の明確性、行手条例適用除外の不利益処分を独自に設けたい場合の適正手続との関係

あたりは抑えた方がいいと思います(個人の感想)。

 

少しずれるけれど、下は長野県の淫行条例で、検討会の議事録などもあって充実しているので、『実務立法演習』とあわせて読むといいと思います。

子どもを性被害から守るための条例のモデル検討会関係/長野県